耐震診断を受けよう
昭和56年以前の建物は耐震診断を受けましょう。

建築基準法に従ってつくった住宅なのに、なぜ耐震診断を受ける必要があるのか?
建物をどのようにつくるかを定めている建築基準法とは別に、地震に対して建物をどのようにつくるかも同様に「耐震基準」で定められています。現在の耐震基準は昭和56年に強化されたもので、昭和56年以前の耐震基準と区別するために「新耐震基準」と言います。現在の建物はこの新耐震基準に基づいて作られていますが昭和56年以前の建物は新耐震基準に適合していない可能性があります。

高知県内の旧耐震基準で建てられた住宅は約8万6千戸
平成7年の阪神・淡路大震災の時、建築年別の被害状況では、昭和56年以前の建築された建物(旧耐震基準の建物)に被害が多く発生しています。平成20年住宅・土地統計調査によれば、高知県内には、この旧耐震基準で建てられた住宅が約8万6千戸あります。地震の強い揺れで倒壊したガレキの中から自力で脱出することができなると、地震の後の津波や火災から命を守ることが難しくなります。地震に備えて対策をすることが大切です。

高知県では住宅の耐震化を支援しています。
耐震診断の例

耐震診断は、一般的に1.0以上の評点だと耐震が確保されているという結果になりますが、1.0未満だと倒壊の恐れがあるため、耐震補強が必要になってきます。評点は『保有耐力÷必要耐力=評点』で算出します。

施工例
下記図面の家屋を耐震診断した結果、保有耐力は必要耐力に満たず、評点も1.0未満のため地震などで倒壊する恐れがあります。
なので下右図面(1階 耐震補強リフォーム後)の 線の所に補強をします。
※一緒にリフォームも施工したので階段の位置などが変わっています。

耐震診断例:A様邸
凡例
既存壁の補強(構造用合板12.0mm直張りを示す。) HD-B35 ホールダウン金物(ぬ)35KNを示す。
基礎の補強(炭素グリッド CR6 50×50)を示す。 HD-B25 ホールダウン金物(り)25KNを示す。
既存火打ち梁を示す。 HD-B20 ホールダウン金物(ち)20KNを示す。
新設 火打ち金物を示す。 HD-B15 ホールダウン金物(と)15KNを示す。
壁記号及び基準耐力を示す。 HD-B10 ホールダウン金物(へ)10KNを示す。
既存筋交い(90×30 3ッ割、シングル)を示す。 S.P スリムプレート(い、ろ、は、に)8.3KNを示す。
新設筋交い(90×30 3ッ割、シングル)を示す。 筋交い金物 2倍ヘキサプレート、Bイーグレット、
KSPⅡ等を示す。
新設の柱を示す。

建物の概要(昭和51年建築)
部位 仕様 地盤 悪い地盤(第3種地盤)
屋根 セメント瓦 基礎形式 無筋コンクリート布基礎(クラック有り)
外装 西面(モルタル、リシン吹き)
他面(カラー鉄板)
既存筋交い(3ッ割)を示す。
1階階高 2.400
内装(1階) 和室(塗り壁)、D.K(クロス貼り) 2階階高 2.400
内装(2階) 和室(塗り壁)、D.K(クロス貼り) 通し柱を示す。
浴室 壁、床(タイル貼り) 特記事項 上部建物(南側に15/150)の傾斜
便所 壁、床(タイル貼り) 基礎クラックヶ所

改修前・改修後の構造評点