大切な家族を地震から守るために耐震診断を受けませんか?
耐震の必要性とは…?
建築基準法に従ってつくった住宅なのに、なぜ耐震診断を受ける必要があるの?

家建物をどのようにつくるかを定めている建築基準法とは別に、地震に対して建物をどのようにつくるかも同様に「耐震基準」で定められています。現在の耐震基準は昭和56年に強化されたもので、昭和56年以前の耐震基準と区別するために「新耐震基準」と言います。現在の建物はこの新耐震基準に基づいて作られていますが昭和56年以前の建物は新耐震基準に適合していない可能性があります。
昭和56年以前の建物は耐震診断を受けましょう。
高知県では住宅の耐震化を支援しているため、診断費用(戸建住宅の場合)の自己負担は3,000円です。
診断費用の補助金の詳細は『補助金について』をご覧下さい。


耐震工事が必要と診断されたら耐震補強工事
当社では、建物の補強にFRP格子筋トウグリッドを使用しています。

トウグリッドって?
カーボン、ガラスなどお高性能連続強化繊維を樹脂に含浸させながら、一体成形した、新しいタイプのFRP格子筋です。

補助金について
高知県が定めた要件に該当すると設計で一棟あたり20万円、工事で一棟あたり90万円の補助金ができます。さらに、各市町村により上乗せがあります。(平成26年度)詳しくは補助金についてをご覧ください。

耐震補強工事について詳しくはこちら
南海地震あれこれ過去の南海地震の写真

100年~150年周期で発生している南海地震は震度5強から7程度の揺れが長時間(100秒程度)続くといわれています。


メールでのお問合せはこちらお問合せ先

高知ハウスサポート(有)
〒781-8121 高知県高知市葛島4丁目8-8【地図を見る】
TEL:088-880-4310
FAX:088-861-8505